越谷桐箱と桐タンス

越谷桐箱と桐タンス

越谷市は、江戸時代初期ころから江戸タンスの産地として全国に名を馳せていました。もともと越谷は桐箱が有名で、この桐を使ってタンスを作り始めたのです。その昔、「江戸の水」と呼ばれる化粧水を作ってガラスびんにつめ、これを桐の箱にいれて売り出したところ江戸の庶民の間で流行になりました。この化粧水が入ったガラスびんを入れていた桐の箱こそ、越谷の大泊で作られていたものだったのです。この越谷の桐箱を応用して、桐タンスも作られるようになりました。桐タンスは江戸タンスとも呼ばれ、新潟の加茂タンスに次ぐ生産量を誇っています。あらゆる産業で機械化が進んでいる中にあっても、越谷の桐タンスは、一貫して職人による手作りが主流です。さらに原料の選別から完成までをすべて一か所の工房で行う個別生産方式が続けられています。

 

そして越谷で作られた桐タンスの品質の良さは全国屈指のもので、伝統的手工芸品の指定を受けています。桐箱も桐材の防湿性などが見直され、また手作りの確かさが再確認されて、掛け軸や扇子などを入れたり、焼き物を入れたりするために欠かせないものとなっています。

 

越谷の桐タンス職人は、タンスや桐箱だけでなくさまざまな商品を開発しています。地元を愛し、古くからある伝統工芸を残したいという、職人たちの意志が伝わってきます。桐を加工しそれが広がり、また新たな伝統工芸となっていく過程は、越谷の歴史そのものであるといっても過言ではないでしょう。


行政書士

行政書士に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.gyouseisyoshi.info/